23日 1月 2020
小舟をこいで進むとき、思考は、方向性を維持するカメラと舵の様なもの。穏やかな海や湖では、これだけで十分です。目先の障害物を避けることもできますし、先も読めます。 一方、感情は、海の潮流。バイアスとパワーがあります。...
17日 1月 2020
相談を受けていると、悩んでいる人にひらめきや気付きを与えたくなります。認知行動療法などは、それを追究したものです。 悩んでいる人も、ひらめきによって目の前が明るくなるという感じを持てるので、ひらめきを欲しがります。ですから、認知行動療法は人気です。...
02日 1月 2020
あけましておめでとうございます。 今年も、感情のケアを多くの人に伝えていこうと思っています。 前のブログ(19.12.23)で、自分の気持ちや欲求を、無視し、我慢しているうちに、次第に自分に対するダメ出しによって自信が低下し、疲れ、そして結局破たんしさらに自信を失う…という流れを説明しました。...
23日 12月 2019
感情は「あなたを守ろうとしてくれているあなたの大切な分身」(感ケアでは、「感情の小人」と呼んでいます)なのです。ただ、感情は原始人的基準で発動するので、現代人のあなたにとって、必要以上に発動する厄介者。...
09日 12月 2019
「感情に触れる」についての解説の途中ですが、先週のNHKの「パラレル東京」を見て、どうしても書きたくなってしまいました。 東京直下地震をリアルにシミュレーションした「パラレル東京」。震災後10年までの長期的視野で、具体的かつ様々な分析が紹介されており、大変勉強になりました。 ただ、テレビで紹介されていたのは、社会全体の流れです。...
06日 12月 2019
先日(令和元年11月30日)のスキルアップコースでは、フォーカシングとEFT(ツボ療法)を体験していただきました。 いつものことですが、参加者の皆さんに多くの発見や、気づき、そして涙が見られました。...
22日 11月 2019
人は、自分を責めながら生きています。もちろん周囲とバランスをとるため、成長するためには、反省や自制は必要です。...
17日 11月 2019
感ケアでは、自分で押し殺してなかったことにされている感情や、言い聞かされて委縮している感情に、「触れて」それ等の声を聞きます。ただこの触れるという作業がなかなか難しい。...
11日 11月 2019
多くのカウンセリングやうつの社会復帰支援の場面や、カウンセラー育成、感情のケアの講義を通じて最近思うのが、「自信」という要素の大きさです。 私たちは、どうしても表面の問題に囚われやすく、それを直接修正しようとする。...
07日 11月 2019
もっと気楽に、強気に他人と付き合いたい、そう思う人は多いものです。 病的な対人恐怖ではなくても、人は誰でも人を恐れるものです。人類の歴史の中で、人を一番殺した動物は人だからです(病気の媒介を入れると、蚊が一番だそうですが…)。...

さらに表示する